o‚S̘VܗDǃ}b`OTCg PCMAX
エッチな体験談
中学生姉弟のエッチな思い出
経験豊富な彼女のリードで高齢童貞を卒業!
何人もの男の子たちに焦らされて、、、
仕事のため出世のために最愛の妻を捧げた後悔
仕事のため出世のために最愛の妻を捧げた後悔
【初体験】最強のヤンキーの彼女に筆おろししてもらった、しかも中に・・・・・・・・・・・・
外食チェーンのバイト先のお姉さんとあったHな話
【40過ぎの俺氏の体験談】26歳PERFUME系若妻攻略→孕ませセクロス!
美肌でDカップの女子大生の自宅に侵入してビンタしながらSEX
スポ少の合宿で (2日目)
仕事のため出世のために最愛の妻を捧げた後悔
★妻の私でも摘み食いをしたい
大人の官能小説集・2016【ULTRA EDITION】電子書籍発売!
ファミレスでミニスカで働く人妻にアドレスを渡したらヤラせてくれた
【寝取らせ願望】嫁に自宅で性感マッサージさせて覗き見する快感!
セフレにするなら熟女が一番

温泉で熟女とエッチした僕に怒った母が・・・

カテゴリー 近親相姦の体験談タグ

僕は大学に入って一人暮らしを始めた。
一人暮らしも3年目、彼女もいなく毎日暇を持て余していた。

訪問客と言えば月に一回訪れる母のみだ。
ある日のこと母が僕の部屋へやってきた。

連休が取れるため、久しぶりに親子2人で旅行へ行かないかと言われた。
まぁ毎日暇してるから断る理由がなかったから、もちろん行くことにした。

母が旅行代理店で働いているから激安で行ける温泉旅行だった。
そして、まさか温泉旅行で母とあんな事になるなんて・・・

物語はここから始まる

僕「いい旅館だね」
母「そうでしょ、お客さんの人気投票で一位の場所よ」

僕「さすが!」
母「まかしてよ」

僕「やっぱり割引なの?」
母「あたりまえじゃないの」

僕「建物だけじゃなく、部屋も綺麗だね」
母「温泉も最高なのよ」

僕「へぇー」
母「もちろん、混浴もあるわよ」

僕「混浴なの?」
母「あとで背中流してもらおうかしら」

僕「やだよ!」
母「冗談よ」

僕は嫌と言いながらも本音はドキッとしていた。
1時間後、部屋で最高の日本懐石のフルコースを食べた。
その後、僕は温泉場へと向かって行った。

僕「いい場所だな・・・」

ふと立ち止まって、混浴場を見つけると、周りを見渡し入った。
脱衣場で浴衣を脱ぎ全裸になり、すぐに湯につかった。

僕「はぁぁ・・・気持いいなぁ・・・」
僕「極楽とはこの事かなぁ・・・・」

5分くらい湯につかっていると脱衣場から人陰が見えた。

僕「!?」

1人の50歳半ばのおばさんが入ってきた。

おばさん「あらぁ?こんばんわ」
僕「こんばんわ」

すげぇ、胸も隠さず来るなんて・・・

おばさん「男前のお兄さんが入ってるなんて」
僕「いえ・・・」

そんな美人でもないが豊満な体にグラッとくるものがあった。

おばさん「お兄さん、お一人?」
僕「えぇ・・・」

僕の熟女好き魂に火がつきそうだった。

おばさん「観光?それとも地元の人?」
僕「観光です。あなたは?」

おばさん「私も観光で今日来たばっかりなの」「何処から来たの?」
僕「東京です。そちらは?」

おばさん「私は北海道から」
僕「北海道にも温泉ありますよね?」
おばさん「あるけど、ここのは最高よ」

こんな話を延々と喋っていた

15分後・・・

僕「おばさん・・・お乳大きいですね」
おばさん「そうなの、重くてねぇ肩こるのよ」

僕「それで温泉ですか?」
おばさん「そうなのよ(笑)」

僕「マッサージしましょうか?僕、上手いですよ」
おばさん「それじゃ遠慮なくお願いするわ」

僕はおばさんの後ろに回るとそっと肩に手を置いて揉みだした。

僕「こってますねぇ」
おばさん「そうでしょ」

僕「どうですか?」
おばさん「気持いいわ」

しばらく揉んでから、乳をわし掴みした。

おばさん「!?」
僕「ここは柔らかいですねぇ」
おばさん「嫌だわぁ」

僕「マシュマロみたいだぁ」
おばさん「優しく触るのね」

僕は乳首を重点的に攻めた。しばらくすると・・・

おばさん「はぁ・・・・変な気もちぃ・・」

僕はおばさんのお尻に勃起したチンコをあてがった

おばさん「あら、カチカチね」
僕「ねぇ・・入れていいですか?」

おばさん「ここじゃ駄目よ・・・人が来たらまずいわ」
僕「大丈夫ですよ」

僕はおばさんの膣の中にチンコを少し入れた。

おばさん「焦らないで・・・」
僕「全部入れちゃうよ」

おばさん「ちょ・・・ちょっと待って」
おばさん「私の部屋でしましょう」

僕「我慢できないよ」
おばさん「お部屋でお願い」

そう言うと2人で脱衣場に行って、即座に着替えておばさんの部屋へ向かった。

おばさんの部屋にはいると一気におばさんの着ていた浴衣を脱がした。
おばさんの豊満な乳が左右に乱れゆさゆさと動く。

おばさん「せっかちね」
僕「はめようよ」
おばさん「布団の中で・・・」

僕はおばさんと布団に入り全裸で抱き合った。

おばさん「はぁ・・・いいわぁ入れてぇ・・・」

その言葉を聞いた瞬間、僕のチンコはおばさんの膣内へ挿入されていた。

おばさん「あぁぁ・・・」
僕「ヌルヌルで気持いい」

僕は力強く腰を振った。

おばさん「若いっていいわぁ」
僕「はぁはぁ・・・・いいよぉ」

おばさん「おばさんも・・・・」
僕「すごく気持いいよ・・・おばさん」

おばさん「おばさんもよ・・・・はぁぁ」
僕はおばさんの乳を揉みくちゃにした。

おばさん「いいわぁ・・・もっとお乳揉んでぇ」
僕「はぁ・・・いきそうだぁ」

一気に射精感がこみ上げた

僕「出るよぉ・・・」
おばさん「はぁはぁ・・・」

僕「中に出していい?」
おばさん「いいわよ、中におもいっきり出しなさい」

僕「いくよぉ!」
おばさん「抜かないで・・・いいわよぉ」

僕「はぁぁぁ」
おばさん「んふぅ!」「全部、出してぇ・・・」

おばさんの子宮まで精液を届かせると・・・

おばさん「はぁはぁ・・・よかったわぁ」
僕「僕もです」

おばさん「中でグチョグチョいってる」
僕「あったかい・・」

おばさん「膣内が精液でいっぱね」
僕「大丈夫ですか?」

おばさん「いい思い出だわぁ」
僕「はぁ・・・」

おばさん「58歳で妊娠かも・・・」
僕「もしできたら?」

おばさん「整理はまだあるわ」
僕「それじゃあ・・・」

おばさん「気にしなくて大丈夫よ」
僕「はい」

おばさん「若い子と交わることができるなんて、嬉しいわぁ」
僕「よかった・・・」

おばさん「また、明日も逢える?」
僕「はい、明日の朝、おばさんの部屋に来ますよ」

僕「朝からおばさんの体を滅茶苦茶にするよ」
おばさん「楽しみね、待ってるわ」

僕「なんかぁ、朝まで待てないなぁ・・」
おばさん「おばさん、疲れちゃったわ、もう寝るわね」

僕はおばさんに濃厚な口づけを交わす。
舌と舌を絡め、豊満な胸を揉んだ。

僕「もう一回やろうよ」
おばさん「もう疲れちゃったわ…」

おばさん「続きは明日にしましょう」
僕「大丈夫だよ」
おばさん「私は疲れちゃったの…」

僕はおばさんを押し倒しギンギンのチンポを膣内に挿入した。
その後おばさんに別れを告げて、僕はすぐに自分の部屋へ戻った。

僕「ただいまぁ」
母「・・・・」
僕「どうしたの?」

母は僕の顔を睨んでいる。

母「あなた、何処行っていたの?」
僕「・・・・?」

母「・・・・」
僕「温泉場だよ」

母「知っているわ」
僕「ちょっと長湯でね」

母「解っているわ」
僕「どうしたんだよ?」

母「知らないおばさんと何してたの?」
僕「!!」

母「私も混浴場に行ったのよ」
母「あなた、あんなおばさんと・・・」

母は全部知っていた、一部始終見られていた。

母「部屋に行って、してきたの?」
僕「う・・・うん」

母「あなた、あんなおばさんとできるの?」
僕「ごめんなさい」

母「別にいいわよ、あなたの趣味なの?」
僕「・・・・・」

母「私とは行かなかったくせに、あんなおばさんと・・・」
僕「だから・・・」
母「なんか女として悔しいわ」

そう言うと母は浴衣を脱ぎ僕のチンコを握りだした。

僕「母さん!?」
母「いいから・・・」

そう言うと母は僕の手を取り胸に触らせた。

母「揉みなさい!」
僕「駄目だよ・・・・」

母は僕のパンツを脱がしフェラチオを始めた。

母「んふぅ・・・ぴちゃ・・・んぐ」
僕「駄目だよ・・・かあさん・・・母子どうしで・・・」

母は夢中になって僕のチンコをしゃぶり続ける。

僕「親子どうしで・・・・まずいよ・・・んっぁ・・・」
母「カンケーないわ・・・・」

僕「うぁ・・・・」
母「気持いいんでしょ?」

僕「き・・・きもちいい・・・・」
母「すごい・・・もう、こんなにピンピンになって」

僕「はぁ・・・はぁ・・・」
母「中に入れてぇ・・・」

僕「そりゃ、まずいよ!」
母「中に出さなかったら大丈夫・・・」
僕「自信ないよ・・・」

母「危なくなったら言いなさい、上手くやるから」
僕「・・・・・わかった・・・」

僕は母のマンコにチンコをあてがった。

母「入れなさい」
僕「入れるよ母さん」

ヌッポリと母の膣内へと挿入されてゆくチンコ。

母「はぁ・・・入ったわぁ」
僕「うぁぁぁ」

母「いいわぁ、そのまま、そのまま」
僕「うん」

母「おっきいわぁ・・・・」
僕「母さんの中もいいよぉ、凄くあったかいし柔らかい」

母「母さん嬉しいわぁ」
僕「僕もいいよぉ・・・」

母「今度はおもいっきり突いてぇ」
僕「うん」

パンパンと子宮に届くまでチンコをつきあげた。

母「はぁ・・・いいわぁ」
僕「はぁはぁ・・・気持いいよぉ・・・」

母「私もよぉ・・・」
僕「い・・・いきそうだよ」

母「はぁはぁ」
僕「抜かないと・・・・」
母「まだ・・・まだ大丈夫よ」

僕「駄目だよぉ・・・いくよぉ」
母「いいのよぉ・・・膣内に出しても・・・」

僕「まずいよ・・・・妊娠なんて・・・」
母「中に出しなさい!」

僕「うぁ・・・・もうでちゃうよ!!」
母「中にぃ・・・お母さんの膣内に出しなさい!!」

僕「はぁぁ」

母「今日は危険日だけど出しなさい!!」
僕「うぁぁぁ・・母さん!出るよ!!」
母「オマンコにちょうだい」

僕は母の膣内に射精してしまった。

母「もっと・・・もっと、あなたの精液を流し込みなさい」
僕「んぁぁ・・・」

母「全部・・・出しちゃいなさい」
母「母さんを妊娠させなさい」

僕はドクドクと溜まっていた精液を母の子宮まで注いだ。

僕「出したよぉ・・・全部・・・」
母「いいわぁ・・・・膣内があったかい」

僕「・・・・・」
母「子宮に届いてるわぁ・・・わかるわよ」

僕「はぁ・・・はぁ・・・・」
母「私のここから生まれてきたのよ」

僕「うん」
母「息子が私の子宮に精液を注ぐなんて・・・」

僕「・・・・・」
母「おかえりなさい」
僕「・・・」

母は僕に口づけをしてニッコリと笑顔を見せた。

僕「ただいま」

僕と母さんはチンコを抜かずまま2人で抱き合って眠りについた。
次の日の朝、僕等母子は朝から濃厚なキスから始まり、セックスを思う存分楽しんだ。

旅行中も帰宅してからも、毎日、母さんとセックスを楽しむことができる。

いまでも2人は関係を続けている。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

週末エッチするために今動きましょう!

ワクワクメール

ハッピーメール
ハッピーメールバナー
PCMAX
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
Cu`bgȂ}_Cu
PAGE TOP ↑