セフレにするなら熟女が一番

週末エッチするために今動きましょう!

ハッピーメール
ハッピーメール | 画像とテキスト そして音声でのやりとりもできる 利用者数ナンバーワンのコミュニケーションサイト
お願い熟女
お願い熟女 | 30代以上の女性が主役の恋のマッチングサイト
ワクワクメール
ワクワクメール | 会員数800万人突破!!日本最大級の出会い系マッチングサービス
エッチな体験談
海外のヌーディストビーチで開放的になり過ぎた俺と彼女と2人の妹たち
温泉地のコンビニでノーパンの彼女にムラムラして止まんなくなった
義父と嫁のガレナー(13)「それならパン工場の裏に出来た韓国料理店に行こうか」
浮気をしていた妻の代わりに
妻聖子40歳の初体験
ハイキングに行ったら美女の野グソを目撃した話
就活中の説明会で隣になった彼氏ありの美女を寝取ってみた
3位「ココロもカラダも超敏感!妄想だけで濡れちゃうドスケベ娘はちょっと触っただけで感じすぎて」今日の人気作品MGS
AV作りたいらしくて、私たちがヤってるとこを撮りたいらしいの

ケツのデカい同僚の看護師と病院でエッチ体験

カテゴリー 職場での体験談タグ , ,

私が以前働いていた病院の事です。
そこに30代後半の看護師がいました。

名前をまきさんと言います。

子供は1人だそうでしたが、とにかく「ケツがでかい」人でした。

全体的にぽっちゃりしていましたが」、「デブ」ではない人でした。ある時はムチムチしたケツが、歩くたびに揺れ、前かがみになるとパン線が見えるようでした。

ピンクの白衣だと余計パン線が見えました。職場で会うと、挨拶した後に、そっと後ろを振り返り見ていました。
この間は「青いパンティ」が色もはっきりと透けていました。

その日は帰ってオナニーを3回しました。

「触りたい。まきさんのケツにさわりたい」

そんな気持ちが心の中に渦巻いていたある
日の事でした。その日の勤務が終わったあと、まき「ちょっと、こっちへ来て」普段倉庫代わりになっている部屋へ私を連れてきます。

そしてドアに鍵をかけます。

「ねえ・・・わかっているかもしれないけど・・・あなた、私のお尻見ているよね」

と言い始めます。

私「何言っているんですか。そんなことないですよ」

と私はとぼけたふりをしますが、

まき「ウソ、この間すれ違いざまに見ていたでしょ。あなたが見ているのが、廊下の鏡に映っていたの。矢らしい目をしていた
よ」

と続けます。

「そんなことはないです」

と必死に否定します。

まき「ふ~ん、そうなんだ。じゃあこれから私のお尻を見ても全然大丈夫だね」

と彼女は言い、白衣を着たお尻をこちらに向けます。でかい桃が目の前にあるようでした。
今日も青いパンティです。

よく見ると模様が見えてきます。

まき「ふふふ、これはどう」とお尻を揺らします。

「すげ~な~」と心の中で思って平静を装っていました。

しかし

まき「触ってもいいよ」と言われ、少し動揺しました。

まきは振り返り「ほら,反応した」と言います。
僕はまきの視線の先を見ると、チンポが勃起していました。

まき「本当の事を言って」

観念した僕はすべて話しました。
すると

「うれしい、いつも夫にはデブとか言われるし、興味持たれないし・・・こんなお尻でもよかったら愛して」

と言います。僕は思わず

「チンポこすっていいですか」と聞くと「いいよ」と受け入れてくれました。

まずは白衣の上からです。
服のザラザラした感じが亀頭にあたります。

念願のケツにこすっている
という感覚がたまりません。

次にズボンを脱いだケツをこすります。

弾力もありすごい気持ちいい感じでした。冗談でマンコにも当てました。ぐしょぐしょに濡れていました。

「入れてもいいよ」

彼女は自らチンポを誘導し、マンコに入れてしまいました。
すごい締め付けです。

「あ、あ、あすごいです」
「イッテいいよ」

しかし私は「顔面に乗って」とお願いします。

彼女は恥ずかしいなと言いながら乗ってくれました。
すごい圧力です。彼女はマンコが口に来るようにこすります。

途中では向きを変えてアナルが当たるようにこすります。
私は一生懸命なめると、彼女はフェラもしてくれました。

「お願い、バックでいいですか」
「いいよ」

ともう一度バックででかいケツを打ち付けるようにチンポをぶち込みます。

まき「きもちいいよ。すごい。旦那よりすごい」。

気持ちよくて中出ししましたが、彼女は「いいよ」と言ってくれました。

その後も研修だ、なんだと言っては二人で会ってHしました。
彼女もわざときついジーンズや白パンをはいてくるようになり、

ケツがでかいことに自信を持ったようです。