o‚S̘VܗDǃ}b`OTCg PCMAX
エッチな体験談
母のオナニーを見たのがきっかけで母子ではなく恋人のような関係に
裸エプロンで料理を作ってくれたセフレを好きになってしまった
出会い系で初めての不倫
コンビニの人妻店長から受けた性の手ほどき
伯父に性的支配をされる人妻と娘。
【マジキチ】昔、借金取り立て先の嫁をシャブ漬けにしてオモチャにしていた・・・・・・・・・・・
外食チェーンのバイト先のお姉さんとあったHな話
【慕われる女部長】泥酔しちゃった四十路のお色気ボディに生チンポを挿入しちゃいましたw
コンビニの人妻店長から受けた性の手ほどき
寝ているダンナの親友のそばでやったらメチャクチャ興奮して乱れまくり
❤家のローンの返済の為に円光
コンビニの人妻店長から受けた性の手ほどき
大人の官能小説集・2016【ULTRA EDITION】電子書籍発売!
ファミレスでミニスカで働く人妻にアドレスを渡したらヤラせてくれた
【寝取らせ願望】嫁に自宅で性感マッサージさせて覗き見する快感!
セフレにするなら熟女が一番

妻には決して言えない義母との関係

カテゴリー 義母との体験談タグ ,

私は、義母(妻の母親)と関係しています。

事のはじめは3年前、妻の出産のとき、義母が手伝いにきたのですが、そのときに義母と初めて関係を持ちました。

妻の入院中は毎晩、義母とやりまくってバラ色のひと時を過ごしました。

最初は私が無理矢理に義母を犯した感じなので、多少、罪悪感もありましたが、それ以上に義母がたまらなく色っぽくて、それに歳をとった女のあそこは萎縮して狭くなるのか、締まりがよくて、それで一度でやみつきになってしまいました。

初めて義母と関係した日は、ちょうど日曜日で義母と午前中に病院に見舞い行って、家に帰って飲んでいるときでした。

義母が風呂にお湯をためながら、タイルを洗ったりしていました。

風呂場はリビングから見える位置にあるので、何気なく見ていると、かがんだ義母のむっちりとしたお尻が妙に気になって、変な気が湧いてきました。

そのあと義母がこちらに向いてタイルに水を流しているとき、かがんだ姿勢の義母の胸元が大きく開いて、白い乳房がゆさゆさと揺れているのが見えて、いっそう、むらむらとしてきました。

そのときは「いけない、いけない」と自制したのですが、さらに義母のスカートの奥にもっこりとした黒い下着が見えた時、完全に理性が飛んでしまった気がします。

私は一人で飲みながら、義母が服を脱いで風呂に入るのを待ちました。

私は、義母が風呂に入ったのを確かめると、そっと脱衣場に行き、義母の脱ぎたての生暖かい下着の臭いを嗅いでペ○スを勃起させると、

「おかあさん、ぼくも入っていいですか」と言うやいなや、服を脱いで風呂場に押し入りました。

義母は、驚いて濡れたまま、素っ裸で、風呂場から逃げていきましたが、私は和室まで追っかけて義母を捕まえて、あとは自然のなりゆきで犯してしまいました。

もちろん、最初は義母は激しく抵抗しましたが、私は、畳に倒れた義母の両手を掴んで大きく広げさせ、義母の上に這い上がると、義母の両足を私の足でこじ開けてその間に両膝を入れると、おもむろに、義母の乳房を吸いました。

義母は初めは、イヤイヤと首を左右に振っていまいしたが、乳首を舐めているうちにおとなしくなって、そのうちに義母のあそこが濡れてきました。

私はしばらく乳房や、少し黒ずんでいる乳首をもてあそびました。

そして義母の手を取り、すでに固くなっているペ○スを握らせました。

義母の手が恐る恐る、ペ○スを上下にしごいては、亀頭を包み込み、なで回しました。

私はそれで義母がその気なっていることを確信したので、義母の足をもう少し開かせて、ペ○スをオマ○コにあてがい、一気に挿入しました。

義母のオマ○コはもう完全に濡れきっていて、私はひたすら突きまりました。

義母はすぐにヨガリ声を上げてきました。

義母が快感にこらえきれず、よがり声を上げて、最初の絶頂に達したらしく、オマ○コがじわっとペ○スを締め付けてきました。

私はそれでもなお夢中で突きまくりました。

しばらくして義母の背中がのけぞり、オマ○コがギュッとペ○スを締め付けてきて、義母が2度目の絶頂に達した時、私も腰を使って、子宮口を探し当て、ペ○スの先を子宮口に突き入れると、一気にその中に射精しました。

射精した後も、なおオマ○コが精液を吸い取ろうと、膣口から子宮の方へ波打つようにうごめいていました。

私はまだ固いペ○スを引き抜くと、義母をうつ伏せして尻をこちらに向けさせました。

尻を掴んで開いてみると、オマ○コから流れ出た精液が愛液と混ざり合って肛門を濡らしていました。

私をそれを指にすくって肛門の周囲にタップリと塗りました。

義母は私が何をするのか分からずに黙っていました。

私がひざをついて、すでに回復して怒ったように勃起していたペ○スに手を添え、義母の肛門に挿入しようとしたとき、義母の手が私のペ○スをつかみました。

「そこ…初めてなの…」私に訴えかけたその言葉が、私の欲情に火をつけました。

私はかるくうなずいて、義母の手を振り払うと、ペ○スを肛門へ押しあて、義母の背中の上にのしかかるようにして、ゆっくりと挿入していきました。

肛門の中は濡れているように滑らかで、ズルーっとゆっくり滑り込んで根元まで収まっていきました。

私は、義母の肛門と結合しているしている自分を携帯のカメラに記録するとそれで満足して、ペ○スを抜きました。

義母は私に「娘には言わないで…」と言いました。

「僕だっておなじですよ…」と答えました。

義母は本当にクラクラするほど、おいしい体です。

ともかく義母と関係してからは、自分の好きなときに義母をホテルに呼び出したり、義父がいないときに、義母の家に上がりこんで関係を持ったり、車で遠くへ出かけたりして楽しんでいます。

義母は私とのセックスの相性がいいのか、今では自分から電話をしてきます。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

週末エッチするために今動きましょう!

ワクワクメール

ハッピーメール
ハッピーメールバナー
PCMAX
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
Cu`bgȂ}_Cu
PAGE TOP ↑