セフレにするなら熟女が一番

週末エッチするために今動きましょう!

ハッピーメール
ハッピーメールバナー
PCMAX
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
ワクワクメール

エッチな体験談
【洋物エロ動画】黒髪の白人美女が巨乳を揺らしまくってるwww
嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました6【ブロマガ転載禁止】
30代の俺だが嫁と大喧嘩→熟女キャバのアラフォー美熟女ちゃんといちゃいちゃモードで鬱憤晴らす!
泥酔した妻の友人とやってしまった話
母の包茎の剥き方レクチャーでたまらず顔射してしまった
脂ぎった太った40くらいの中年おじさんに逝かされた
彼女のリズミカルな指で、立ったまま潮吹いちゃった私
反抗期でイライラが爆発して母親をレイプしてしまった
新宿にある有名ハプニングバーのイベントに行って来た
【レイプ】先輩(←バカ)の美人彼女が泥酔→先輩「コイツのマンコ見たい?」→俺「」→結果・・・・・・・・・・
母の包茎の剥き方レクチャーでたまらず顔射してしまった
❤出張マッサージの体験談
夫に相手にされなくて寂しい素人主婦を出会い系でナンパ
義母の悪行(7)「扇風機のおかげでよく眠れたわ」
【こっそり教えちゃいます】四十路のおばちゃんマッサージ師※手こきサービスで稼いでますww

親子ほど歳の離れた職場の四十路熟女と不倫

カテゴリー 人妻との体験談タグ ,

20代男です。地元の工場で働いています。

そこで、母親ほど歳の離れた人妻さんと不倫しています。

仮にまゆみさんとします。40代後半です。

お互い存在は知っていましたが、作業班が違うため接することはなかったのですが、

今夏の納涼祭で話をする機会があり、まゆみさんの班長がオレも嫌いだった事で意気投合してしまい、

そのままSEXしてしまいました。

彼女は実際より若く見えます。パッと見30代。

実はもうおばあちゃんなのです。

旦那も趣味に没頭してして構ってもらえず、久しぶりのお酒で疼いているところに自分が現れたそうです。

まぁ1回限りだろうと思っていましたが、休みの日銀行のATMで偶然に会い、そのままホテルへ行きました。

その時、彼女のテクニックにオレはメロメロになりました。

オレといえば、若さと勢いだけで突きまくっていました。

彼女は

「いっくんは激しすぎ、あたしに合わせて、もっと楽しも!」

とオレを諭しました。

あれから、2ヶ月が経ちました。

タイミングが合わず、彼女と会えない日々が続いて悶々としていましたが、

上長のミスでオレの班とまゆみさんの班の夜勤が重なり、夜勤明けの休みが同じになりました。

それも2日連休です。

最後の夜勤の日は最初から、チンポが疼いて仕方ありませんでした。

やっと早朝仕事が終わりました。

速攻着替え、まゆみさんの家へ、旦那さんは1週間の長期出張です。

なんと、グッドタイミングです。

オレは既に素っ裸で布団に潜りこんで、余裕があるフリをして、新聞を読んでました。

15分ほどして、まゆみさんが帰ってきました。

「平良さん!(まゆみさんの苗字)遅いよ!」

まゆみさんは何も言わず、ただ上気した顔で服を脱ぎ捨て、裸になり、オレのいる布団に入ってきました。

「ゴメン!」

キスを交わし、耳、うなじにキスしながら、既に左手はオレのチンポを摩っています。

「おゥ、オォォ~ッ」

思わず声が出ました。

「かわいい・・・」

彼女はそう言うと、掛布団へ潜りこみ、チンポを咥えました。

口の中で舌をこねくり回し、たまたまをコロコロしています。

掛布団を跳ね除け、まゆみさんはオレに跨ると、愛汁が滴っているオマンコへオレのチンポを導きます。

「ハゥッ!ゥゥゥ~いっくん!もうこんなにィィ~カッチンカッチンだよォォ~」

「昨夜からガマンしてたんだ!オレ、限界だよ!」

「もう、イイから、ガマンしないでイイよォォ~いっぱい、ぃぃ~いっぱい、気持ちよくなろおお」

まゆみさんの激しすぎる上下のピストンは止みません。

髪を振り乱し、仰け反り、喘ぎまくりです。

「あ”あ”あ”ッガゥゥゥーーッッッイヒィィィーー」

オレの胸へ倒れこみ、髪を掻き毟り、キス。

唾液まみれで、顔中グシャグシャです。

チンポを抜き、彼女を四つん這いにすると、お尻の穴からマンコの筋を舐め回します。

顔面騎乗位になり、舌でベロベロです。

彼女は自分でオッパイを揉みしだき乳首を摘み、指フェラで半開きの口からヨダレがオレの顔に滴り落ちてきます。

まゆみさんは向きを変え、69になり、チンポにしゃぶりついてきました。

「いっちゃんのチンポステキ、あたし、あたしの中でぐじゅぐじゅ、かきまわしてェェェ~~~」

正常位で緩急をつけて、突きまくりました。

「あ、あ、あっタッルーー!、あたしの1番キモチイイとこにあたるーー!なんで、なんで、いっちゃんちがう。ちがうゥゥゥ~~、この前とちっがうゥゥーーわ、わかった!浮気したでしょ?相手は香織でしょ?2人のとこみたよ」

「うるせ~よ、オレはあんただけだよ、まゆみだけ!まゆみ!これからいっぱいキモチ良くしてやるからな!いくぞーーまゆみまゆみまゆみィィィ」

オレはガン突きした。

「嬉しいィィ~まゆみって言ってくれたあァァ~あたしのキモチイイとこ、いっぱい突いてエェェェーーキモチイイィィィいいーーもうダメエエェェェ~~~ダメダ メダメエエェェーー、イクイクイクイクゥ~~ころして、ころしてエェェェーー、あたしをころしてー逝く逝く逝く逝く・・・・・・・・・イック ウゥゥゥー~ー~ー」

「オレも、オレもいっくうゥゥゥー~ー~」

思い切り、中出ししてしまった。

マンコから、ドロドロの精液が流れてきた。

外からは通勤通学の人たちのざわめきが聞こえる。

オレは1回逝ったというのに、また挑みかかる。

「ウソッ?ウソでしょ、さっきあんなに・・・」

「まゆみ、大好きだよ!死ぬまで、抱いてやる!」

「あたしも、いっくん大好き!でも、こんなおばさん・・・おばあちゃんだよ!イイの?イイの?」

「関係ねえよ!」

キスをした。

彼女とオレは体中、舐め尽くし、また繋がった。

飯も食べず、2日間SEXしまくった。

太陽が黄色になるって本当だと思った。

オレは若いけど、まゆみさんもスゴイと思った。

2人とも、休み明けは日勤だった。

ヘロヘロだったが、夜、彼女の家でまたSEXした。

いつまでの関係かわかんないけど、飽きるまで続けようと思う。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX