エッチな体験談
Powered By 画RSS
セフレにするなら熟女が一番

叔母の手コキで初めての射精…そして筆おろし

あれは俺が中学生の夏休みの熟女エロ体験。

家族と親戚とで海に旅行にいきました。

海からあがって民宿の部屋にいくと、小さい子は昼寝しだして、親戚の叔母がよつんばいになってタオルをかけたりしてました。

叔母さんはノーブラ、ワンピースの無防備な姿で、胸の中はモロ見えで、巨乳がぶらぶら揺れていました。

僕は、のぞきこむみたいにして見ていると、くすっと笑って「なに見てるの」というので、あわてて寝ました。

でも、勃起してたまんなくて、しばらく短パンの上からさわったり、横からチンチンを出していじってると、添い寝してるはずの親戚の叔母さんが見てるんです。

あわててしまったら、「ふふ」と小声で笑って、声を出さないで「おいで」と言って立ち上がっていきました。

お母さんたちは寝てるので、僕はそっとついていくと、洗面所にいって、

「勃起して眠れないのね」

と笑いながら僕の短パンを脱がせました。

僕は短パンをじかに穿いてたので、ピンピンのチンチンがもろ出しです。

押えたら、

「隠さなくていいの」

と、手をのけて、石鹸を手につけて両手で洗ってくれました。

気持ちよくって、僕は初めて射精しました。

精通が叔母の手コキだったんです。

はあはあいってたら、

「気持ちよかった?」

と顔をのぞくので、

「うん」

というと、僕が初めて出したと聞いて

「うわぁ、責任感じちゃうなあ」

といって、

「でも、まだ立ってるんだね。元気だー」

と手ではじいたりしました。

「ね、おいで」

というのでついていくと、鍵をかけてはいるお風呂にいって、誰もいないので、鍵をして、叔母さんはどんどん裸になりました。

叔母さんはお母さんより4つ下で、38歳でした。

おっぱいがすごく大きくて、お母さんみたいに垂れてないし、乳首もきれいでした。

僕は、また出そうになって、必死で押えて我慢してたら、叔母さんは、

「いいのよ、おいで!」

と寝転んで、僕を上にして抱きしめてきました。

柔らかい体で、すごく気持ちよかった。

思わずおっぱいを吸ったら

「もっともっと吸って!」

と僕の顔を押し付けて、手でおっぱいをもませました。

そして、片手で僕のちんちんを探して、あそこに入れてくれました。

ぬるっとした感じで、根元まで全部入ったら、

「あぁー」

と気持ちよさそうにのけぞって、お尻を動かすので、僕は我慢できなくて、

びゅ~~

とはげしくザーメンが出しました。

でもその後も勃起したままで、それから僕もだんだん腰を動かして、けっこうはげしくHをして、何度もおばさんの中出しました。

精通し、すぐに童貞をすてた素敵な思い出です。

筆おろししてくれた叔母には、一生頭が上がらいと思います。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

週末エッチするために今動きましょう!

ワクワクメール

ハッピーメール
ハッピーメールバナー
PCMAX
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
PAGE TOP ↑