エッチな体験談
Powered By 画RSS
セフレにするなら熟女が一番

童貞を卒業するために行った風俗でまさかの処女喪失

カテゴリー 熟女との体験談タグ , ,

当時の俺は真性童貞。

年齢は20歳だった。

ヤラずのハタチになり、性欲は有り余ってた。

AV見てマスターベーションするだけなのもどうかと思い、風俗に行こうと思った。

けど、童貞が風俗に行っても満足にプレイ出来んだろうなと思った。

リードして欲しいが、恥ずかしくて言うのも気が引ける。

そこで考えたのが、

「そうだ。SMクラブで女王様に調教してもらえばいいんじゃね?」

これなら受身で言われたとおり従えばいいし、攻められる側だからテクニックの無さも誤魔化せる。

早速、適当な店に電話してプレイしに行くことにした。

マンションの一室が受付になっていて、そこで嬢王様の写真を店員から見せられた。

すぐに紹介できるのは3人で、うち2人が結構好みだった。

どちらもスタイルは似たような感じだったが、身長が高めの子の方を指名した。

そこのマンションの隣のマンションの一部がプレイルームになってるらしく、準備が出来次第嬢王様がそっちに向かうからお茶でも飲みながら待ってるように言われた。

待ってる間は

「もし、写真と全然違う化け物が来たらどうしようか」

と不安だった

チャイムが鳴ったのでドアを開けたら、そこには写真通りの三十路前後の美魔女がいた。

風俗のパネルは恐ろしいと聞いていたが、一安心。

ちなみに女王様のスタイルは、身長175くらいでBとHが90後半くらいで、Wが60ちょいのムチムチっとした感じの若い美熟女。

女王様「はじめましてでいいのかな?それにしても結構若いわね。もしかしてSMクラブって始めてだったりする?」

「はい、SMクラブに来るのは初めてです。今日は女王様に調教していただきたくて、こちらに来ました」

「受付でAFコースを頼んだみたいだけど、調教される側でいいの?」

「はい。女王様の調教に耐えられたら、ご褒美にアナルファックさせてください」

「じゃあ、頑張って我慢しないとダメよ。じゃないとAFさせてあげないから」

ちなみにAFコースというのは、こっちが女の子を攻めたり逆に攻められたり出来るMIXコースにアナルルファックで射精できるというコース。

早速2人でシャワーを浴びる事にした。

シャワーを浴びてる間は、乳首をかるくつねられたり、チ○コをちょっと強めにしごかれて、若干イキそうになってしまった。

風呂から出てプレイする前に女王様が、

「プレイする前にやる事があるでしょ?」

「えっ、何ですか?」

「分らないの?四つんばいになって、どうか私目に調教してくださいでしょ?」

言われたとおり、四つんばいになって美魔女のSM嬢王様に頭を下げながらお願いする。

すると、女王様が素足で俺の頭を撫でている。

不思議と腹が立つわけでもなく、結構興奮してた。

「ほら、お前の頭を撫でてやったから足が汚れたでしょ。足を舐めてちゃんとキレイにしなさい」

「はい、喜んで舐めさせて頂きます。はぁはぁ、とっても美味しいです」

と言いながら、M男になりきり一心不乱に舐めていた。

別に美味しいとかじゃなく、特に味も臭いもしなかったが

「よく出来たわね。じゃあ、ご褒美をあげるからここを舐めなさい」

と言われて、女王様がマ○コを指差している。

初クンニにメチャクチャ興奮した俺は、一心不乱にペロペロしていた。

ただ、女王様の仰るご褒美とはク○ニじゃなかったんだ。

「あぁ、気持ちいいわ。じゃあ、ご褒美を出すからそのまま口を開けてなさい」

そう言って、女王様は俺の頭を掴んで逃げれないようにした。

何をするのか分からなかったが、俺の口に生暖かい液体が入ってきた。

どうやら、女王様は俺の口に聖水をだしているのだった。

普通なら吐き出したり、必至に逃げ出そうとするんだろうが、そんな事は一切無く、何の抵抗も無く普通に飲み込んで飲○プレイをしてしまった。

「女王様の聖水、美味しかったです」

ちなみに、味は生暖かいポカリみたいな感じだったと思う

「よく飲んだわね。じゃあ、今度はお前を気持ち良くしてあげるわ」

そう言われて、俺は貼り付け台に両手両足をくくりつけられてしまった。

ポーズはアルファベットのKみたいな感じだったと思う。

身動きの取れなくなった俺を女王様が指でア○ルを軽く弄ってた。

何か変な感じはしたが、嫌悪感よりもワクワク感が勝っていた。

「あら、大分柔らかいわね。結構アナル使ってオ○ニーしたりしてるのかしら?」

「いえ、お尻なんて使った事無いです。お尻触られるの初めてです」

「うそ?結構使ってる感じがするわよ。まあ、これなら何でも入りそうね」

そう言うと、女王様は俺の肛門にローションを塗りたくった。

あぁ、指を入れられるのかと俺は覚悟した。

だが、現実は俺の想像を凌駕した。

ローションを塗った後、女王様は俺に背を向けて腰に何かをつけていた。

俺の方を向きなおすと、女王様に立派なチ○コが生えていた。

そう、ペニバンを装着していたんだった。

「今から、お前のア○ルにチ○コをぶち込むわよ。これで処女を卒業できるわね」

えっ、AFで童貞卒業(ア○ルじゃ童貞卒業にならんだろって突っ込みは無しで)の前に、俺は処女を奪われるのか?

と心臓がバグバグした。

だが、ここで断ったらAFさせてくれないんじゃないかという考えが頭をよぎった。

「はい、どうか私の処女を女王様のチ○コで奪ってください」

誘惑に負けて、俺は処女を女王様に奪われる事になった。

「じゃあ、入れるわよ。力を入れるとア○ルが切れるから、力を抜きなさい」

そういうと、女王様は立ちながら、俺のア○ルにペニバンを入れようとした。

ケツが避けるのは怖いから、言われたとおり力を抜く事にした。

ケツに異物が入ってくるという未知なる感覚に、俺は驚いた。

すんなりとペニバンが入り、俺の下腹部に軽い圧迫感がしていた。

苦しいというわけじゃないが、何か変な感覚がした。

「じゃあ、今から気持ちよくしてあげるから覚悟しなさい」

そう言って、女王様は俺の腰を両手で掴んで、それから激しく腰を振り始めた。

腹の下の方で何かが暴れてるような違和感がしたんだが、すぐに快感に変り、チ○コがメチャクチャ硬くなっていった。

俺は、

「あぁ、ダメ、気持ちいい。ダメ、おかしくなっちゃう」

と言いながら、女のように喘ぎ声を上げていた

「あら、チ○コが苦しそうね。じゃあ、今から楽にしてあげるわよ」

そういうと、女王様は片手でチ○コをしごき始めた。

その快感は凄まじい物で

「あぎゅぅ、イギュゥ!!出る、デリュゥ。」

みたいな感じに、訳の分らない言葉を叫びながら射精したんだったと思う

「あら、出ちゃったわね。これじゃあ続きは無理かな?」

「いえ、大丈夫です。まだまだやれます」

「そうね、まだAFが残ってる物ね。じゃあ、準備をしないとね。そこに仰向けになりなさい」

俺は床に仰向けにされて、俺の顔の上に女王様が跨ってきた。

そして、マ○コが顔面に近づいてきて

「また聖水飲ましてあげるから、口を開けなさい」

そう言われて、さっきより量が少ないとはいえ、再び聖水を飲まされ飲○プレイ。

「ほら、ちゃんと後始末しなさい」

そう言って、女王様は俺にク○ニをさせたんだが

「ほら、もっと激しくしなさいよ」

と言い、俺の顔を思いっきりティッシュペーパーのように扱った。

もう俺の感覚がおかしくなってきてるんだろうか、嫌な気持ちは一切無く、ただ嬉しくて興奮してたんだと思う。

「ほら、今度はこっちを舐めなさい。これからお前のみすぼらしいチ○ポを入れてやるから」

顔面騎乗に近い体性で向きを変えながら、女王様はア○ルを俺に向ける。

ア○ルを舐めるのに抵抗は無く、俺はペロペロ舐めまわした。

女王様は俺にア○ルを舐めさせながら、チ○コを弄り始めた。

そうしてチ○コがまたギンギンになったのを確認したのか

「じゃあ、そろそろAFさせて上げるわ」

その一言を聞いて、俺のテンションは最高潮に達した。

「お前はア○ルを弄られるのが好きだから、コレをつけてあげるわ。あら、ワンチャンみたいで可愛いわよ」

そう言うと、女王様は俺のアナルにピンクローターをぶち込んだ。

ピンクローターのスイッチを入れられると

「う、おっおおおーーー」

と、すっかりM男になり、また喘ぎ出した。

女王様のア○ルに入れる前に、またイクんじゃないかと思ってしまった。

「ほら、私のア○ルにたっぷりローション塗りなさい。それから、指を入れて軽く弄ってほぐしなさい」

言われたとおりの事をやって、女王様からOKサインが出る

「じゃあ、お前の汚らしいチ○ポを私にぶち込みなさい」

ちゃんと挿入できるか心配だったが、思いのほかすんなりと入った。

女王様のア○ルの中は暖かくて、不思議な感じがした。

ア○ルの中の感覚は、締め付けがややキツメで搾り取られそうな感覚だたと思う。

四つんばいの女王様をバック耐性で犯すが、童貞だった俺は腰の振り方がおかしかったのか、途中でア○ルからチ○コが抜けたりしてしまった。

これは不味いと思って

「すみません、ワザとじゃないんです」

怒られたり罵倒されるんじゃないかと不安だったが、俺が真剣に謝ったからか、それまでの女王様っぽくなく

「あっ、気にしないでいいから、腰をあんまり引くんじゃなくて、押す様な感じがいいかも?じゃあ、もう1回挿入して」

そう言われて、また挿入して腰を振り始めた。

女王様が合わせてくれてるのか?俺の腰の振り方がマシになったのか、今回は抜ける事は無かった。

少しずつ射精の感じが近づいてきたのが分ったので、まだ女王様にしてない行為をお願いする事にした。

「すみません。女王様のオッパイを揉みながらイカせてもらってもいいですか?」

プレイ開始時から、プルプルと揺れる女王様のオッパイが気になってた。

そういえば、まだ女のオッパイを揉んだ事が無かったんだよね。

「今日は頑張ったから、たっぷり揉んでいいわよ。その代わり、たくさん精子出しなさいよ」

そう言ってくれると、俺はオッパイを鷲づかみにして揉みしだきながら一心に腰を振った。

オッパイを揉んでるという興奮、ア○ルの中の感触、ケツの中のピンクローターの振動、これが合わさって、俺の我慢は限界だった。

「あぁ、イク。出る、出るーーー。出します、あっあっあーー」

こんな事を叫びながら、思いっきり射精した。

射精して息を切らしながらも、満足げな俺。

女王様のア○ルからチ○コを引き抜いて座り込むと、女王様が立ち上がって冷蔵庫からお茶を持ってきてくれた。

2,3分くらい「どう、気持ち良かった?」とかの簡単な会話をお茶を飲みながら交わしていたら、時間終了のアラームが鳴った。

2人でシャワーを浴びながら、今日のプレイについて話す。

「それにしても、初めてなのによく頑張ったわね。まさかこっちの出したプレイにNG一つ無く耐えるなんて思わなかった」

「女王様の出されたプレイをこなさないとAFをさせてもらえないんじゃないかと思って」

「お金を貰ってるんだし、そんな事しないわよ。ただ、そういうシチュの方が燃えるでしょ?」

シャワーを浴びて、まだちょっと時間が余ってるのでお喋りしながらお茶を飲む事に。

テンションが上がりまくって、さらにあんなことをされた後じゃプライドもなく、何故か童貞だった事を告白してしまった。

「今日は凄く楽しかったです。まさか、童貞の前に処女を奪われるなんて思わなかったです」

「えっ、風俗が初めてじゃなくて女の子自体が初めてだったの?」

「はい。女の子自体が初めてです。女王様のような女性が初めてで良かったです」

「・・・童貞の子に色々凄いことをしちゃったけど、後悔したりとか、嫌だった事無かった?」

「いえ、初めはちょっと抵抗のある事もありましたけど、凄く気持ちよくて興奮しましたし、今日のおかげでこの道にはまりそうです」

「うーん・・・やっぱり初めはヘルスとかソープの方が良かったと思うよ。初めてがこれじゃあ、変な趣味に目覚めちゃうんじゃ・・・それにお金もかかるから、普通に彼女を作った方が良いと思うよ」

「はぁ、分りました。あんまりハマリすぎないようにします」

そう言うと時間が来て、俺はSMクラブを出て行った。

だが、女王様のアドバイスを無視し、来月もこの女王様に入っていた。

それからノーマルな方面に行く事は無く、今でもSMフェチになってしまっている。

初体験の風俗で、まさか俺の性癖がこんな風になるとは思わなかった。

皆も初風俗は気をつけた方が良いよ。

性癖が決定されかねないよ。

週末エッチするために今動きましょう!

ワクワクメール

ハッピーメール
ハッピーメールバナー
PCMAX
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
PAGE TOP ↑