セフレにするなら熟女が一番

週末エッチするために今動きましょう!

ハッピーメール
ハッピーメールバナー
PCMAX
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
ワクワクメール

エッチな体験談
結婚式の4次会で乱交発生し、本能がおもむくままに体を求め合った
チャットで知り合った大阪に住む人妻と濃厚セックスで射精の瞬間を見せつけwww
出会い系で知り合ったJKに童貞卒業させて貰った
【体験談】友達家族と旅行に行くと友達の奥さんとHができるから楽しみです
妻の不倫相手にボイスレコーダーで録音を頼む夫
高校時代に水泳部の先輩とあったとっておきのエロい話
パートの人妻は細身のDカップ
【51歳 凛として若々しい義母】頂きマンコな毎日(近親相姦セックス)※嫁は出産入院中wwww
年上のセフレにパイパンにされ3Pまでしていた妻
【Hな体験】ジジイの大家に親子丼されてた母子家庭の母娘[第5話]
最近オナニーを覚えた10才の妹
隣の女子大生の部屋に忍び込んでパンディゲットしたw
母の下着を漁ったら、鬼のように怒られたが…
【兄妹相姦】従順な妹の体を使って射精しまくってた結果・・・・・・・・・
叔母と少年(18・完結)
オナニーをしていた姉貴をレイプして処女を奪った
★後ろから前から交尾SEX
【驚愕】美容エステの特盛エロサービスって・・・※ゴスペル系三十路妻がレズエステティッシャンの凄テクにアヘイキw

49歳の熟女に頼み込んで無事童貞を卒業できました

カテゴリー 熟女との体験談タグ , ,

19歳になり、友達みんなも初体験を終わっていましたが、俺だけは未体験でした。そ
れどころか、彼女もいないし、女友達もいないから、紹介も望みが薄い。

焦りに焦っていました。

そんな時に見付けたSNS。必死にメールを送りまくりましたが、同年代は空振り。
その中で、間違えて送ったのか49歳だと言う女性から、返信があった。

流石に最初から、エロ全開だと引かれると思い、数日は大人しくしてましたが、1週間と待たずに【我慢出来ないんです。このままだと、どうにかなりそうです。】とメールを入れました。

最初は、意味を理解出来なかったみたいですが、すぐに内容が分かったみたいです。
困ってましたが、メールの返信は返ってきます。ひたすらにお願いしました。

何度も何度も頼んだら、メールが来なくなったので、ダメだったかと残念がっていたら、一時間程経ってから【――って、駅まで○時に来れる?】とメールが入りました。

自転車で駅まで急ぎながら、行きますと返信を送ります。

ギリギリで電車に乗ってから、ヤバくないのか?とか、変な人ならどうしよう?とか少しの後悔と恐さを持ったまま、待ち合わせ場所に着きました。

電車の時間を調べて、時間指定をしてきたみたいです。

待ち合わせぴったりに着きました。

少しすると【黒い軽だから、早く乗って】メールを見て、周りを見ると1台しか黒い軽がなかったので、乗り込みました。

すると、すぐに車は走り出す。隣を見ると、やっぱりオバサン。ポッチャリしてて、サングラスをかけています。

ドキドキしていると近くの古いラブホに入った。

「早く降りて。」急かされて、後に続いて奥内に入る。初めて入ったホテルにドキドキが高まります。部屋に入ってもキョロキョロしているとサングラスを外したオバサンが、ベットに座りました。

「こんなオバサンとでも、したいの?」

と聞かれました。止めるなら、今しかない。と言われてるみたいでした。

「お願いします。もう、我慢出来ないんです。」

覚悟を決めて頼むと、抱き締められて、キスされました。唇を数回付けると何回目かに舌が入ってきます。

動画で見てたみたいに舌を絡めると、それだけで興奮が高まり、気持ちよくなる。

そのまま、Tシャツを捲り上げられ、乳首を舐められました。

こんなに気持ちいいのかと感動しながら、舐めてるオバサンを見ていると少しずつ下に移動していきます。

もう、興奮は最高潮でギンギンになってしまいました。ヘソの周りを舐めながら、ベルトを外し、ズボンを脱がせてもらうとパンツから、はみ出しそうな程カチカチに膨らんでいます。

それをパンツ越しに舐めてきます。舌を出して舐めたり、くわえて吸う様にしたりされ、我慢が限界です。

「もう、ダメです。」そう言って、パンツを自分で脱いで、固くなったモノを口元へ持っていきます。

オバサンも興奮が高まっていたのか、一気にくわえこみ頭を激しく動かし、舌を絡ませてきます。

その快感を楽しむ間もなく

「あっ、イクっ」

あっという間に口に出してしまいました。

それでもオバサンは、口にくわえたまま離さずにいて、少しの後で「いっぱい出たね。もう、満足した?」と聞かれます。

かなり大量に出したはずなのに全部飲んでしまったみたいです。

正直、一回出したので冷静になるにつれて、これ以上は若い子としたいかなぁ。とか思い始めてましたが、スカートから見える太ももとブラウスから見えた紫のブラジャーに再度、興奮が高まります。

「まだ無理です。」そう言うが早いか抱き着いて、ブラウスを脱がせようとしましたが、緊張や興奮で上手くいきません。

結局、オバサンが自分でブラウスを脱いでから、ブラを上にずらして、乳首に吸い付きました。

もう止まりません。パンストと紫のパンティを一緒に脱がせると脚を抱える様にして一気に入れてしまいました。

数回動くと、その気持ちよさに、すぐにイッてしまいます。

中に出した事をイッた後に気付きましたが、オバサンは特に何も言いません。冷静になるとヤバイと思って、謝りましたが「大丈夫よ。もう子供出来ないから。」と余裕でした。

その時は、意味が分かりませんでしたが大丈夫ならと、また入れて数分動いて、中に出しました。

それを3回繰り返し、やっと落ち着くと一緒にシャワー浴びて、アドレス交換をしてから、駅まで送ってもらいました。

その日から、週に2回ほど会ってエッチさせてもらってます。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX