エッチな体験談
Powered By 画RSS
セフレにするなら熟女が一番

クリスマスになると思いだす45歳熟女とのエッチな体験

カテゴリー 熟女との体験談タグ ,

もう数年前になりますが、クリスマスの思いでを。
すでに25になっていたぼくは早いとこ童貞を捨てようとあせっていました。

当時アルバイトをしていた工場の経理のおばさん(45才)に目を付け、あれこれご機嫌を取り、おばさんのほうから声をかけてくれるようにまでなったのですが、クリスマスイブに腕時計をプレゼントしたんですよ、7~8千円程度の。

そうしたら怒られまして。

『こんな事されたら困る』って。

でもそれから数日後、、、。
そのおばさんが帰り間際に『私の事好きなんでしょ?』と言って、ぼくの先を歩き始めたんです。

おばさんの後を付いていくと、資材置き場の奥まったところで、『ほら!早くしなさい!』って、スカートを少し持ち上げてみせるんです。

もう無我夢中でおばさんのお尻をむき出してむしゃぶりつきました。
おばさんの蒸れたお尻の割れ目やぐにゅぐにゅのあそこを舐めしゃぶって。

ところがおばさんは『そんな事してないで早くやりなさい!』とすごく急かしました。
まあ場所が場所なのでいつ人が来るかわからない、って言うのもあったのでしょうが。

で、そのまま後ろから。

何の抵抗もなくするっと入ったのですが、『ちゃんと動きなさいよ』と言いながら自分でゆっくりと前後に腰を動かしてるおばさんを見ていると異常に興奮して来て、押さえ込むようにしがみついてました。

おばさんの汗臭いうなじをしゃぶりながら、腰が勝手に動いてしまい、最初は落ち着いた感じで『フ-フ-』と息を吐いていたおばさんもしだいに呼吸が乱れて来て、『ああいい』とか『くぁ~』とか独り言を言うように声を出してました。

後ろでぼくがしがみつきながら喘いでいると、『もういくんでしょ?出しちゃっていいからいきなさい』とかいいながら、腰をぶつけて来ました。
とりあえず外に出そうと思ったのですが、ビデオのようにうまくは出来ま せんね。

結局『あ、○○さんごめんなさい、いくいく』と腰を振りながら中で射精してしまったんです。
おばさんも『ああすごいすごい』って言いながら合わせていったようです。

終わってから『またしてあげるからね』と言ったのですが、結局それっきりで、その後しばらくしてぼくもバイトをやめてしまい、先日、その工場に顔を出してみたところおばさんもやめてしまったそうです。

全然美人じゃなく、鼻の下の長い、ニコチンで肌荒れもすごかったおばさんでしたが、外を歩いていて、似たようなタイプの、気の強そうなきつい顔立ちのおばさんを見かけると、異様に興奮してしまいます。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

週末エッチするために今動きましょう!

ワクワクメール

ハッピーメール
ハッピーメールバナー
PCMAX
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
PAGE TOP ↑